薬剤師の採用情報まとめ

TOP >> 職場別の採用情報 >> 厚生労働省の薬剤師採用情報

厚生労働省の薬剤師採用情報

厚生労働省と言えば、国民の健康や衛生を管理する国の機関です。実は、厚生労働省にも薬剤師のニーズがあることはご存知ですか?市民の健康や衛生を管理する機関には都道府県の保健所などの仕事もありますが、厚生労働省における薬剤師の職務内容は保健所とはガラリと異なります。

厚生労働省で薬剤師が従事する職務には、

■医薬品や医療機器の許認可、指導、監督
■製薬会社との折衝
■安全性に関する情報収集

など、国の機関としての役割がほとんどになります。実際にチェックや検査を行うために、病院や製薬会社へ足を運ぶことも少なくないのだとか。サラリーマンと同じような仕事のスタイルかもしれませんね。一方、薬剤師のメイン業務でもある「調剤」は、厚生労働省に勤務する薬剤師は行うことがありません。

厚生労働省でのお仕事は、薬剤師にとっては大きなキャリアアップにもなるため、なかなか離職率の少ないお仕事となります。国家公務員というと年収もかなり高いというイメージはありますが、実際には厚生労働省で働く薬剤師は平均600万円程度が多いようです。薬剤師としてキャリアを積んで民間企業で仕事をしている人の中には、年収が1000万円を超える人も多いので、年収という面だけを見ると、厚生労働省での仕事は、それほど高収入の仕事ではないと言えるかもしれません。

厚生労働省という国の機関で仕事をすることは、国民の健康を守るためには尊い職務を担うと言えます。病院や調剤薬局、ドラッグストアなどで仕事をする場合と比べると、国家公務員なので福利厚生も充実していますし、年収もそれほど悪くはありません。何よりも、仕事が安定しているので長く働き続けることができるというメリットがあります。

しかし、薬剤の調剤という職務からは大きくかけ離れた仕事を行う厚生省では、実際に患者さんと身近に接することができません。また、新薬の開発や研究業務を行うことも、厚生労働省では無理です。しかし、報告業務や監査業務に興味があり、仕事にやりがいを見いだしたい人なら厚生労働省のお仕事は理想的かもしれませんね。

薬剤師の転職は、やりたい仕事をよく考えてから転職先を探すようにしたほうが良いでしょう。転職エージェントなどを活用すれば、こうした職場ごとの特徴や雰囲気、職務などの違いもエージェントが的確にアドバイスをしてくれます。実際に転職してから後悔するよりも、転職前に知っておきたい情報を的確に提供してもらえるので、初めての転職をする人にとっては心強いですね。

厚生労働省への転職をお考えなら。人気の薬剤師求人サイトに登録!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>「薬剤師の採用情報まとめ」TOPページでランキング詳細を見る!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 薬剤師の採用情報まとめ【※効率的に求人情報をゲットするには】 All Rights Reserved.