薬剤師の採用情報まとめ

TOP >> 職場別の採用情報 >> 防衛省の薬剤師採用情報

防衛省の薬剤師採用情報

防衛省とは、そうです、自衛隊の全てを管轄している国家機関ですよね。防衛省にも薬剤師のニーズがあることを、ご存知ですか?

防衛省に勤務する薬剤師は、わかりやすく言うなら「自衛隊の薬剤師」といったところでしょうか。「自衛隊薬剤官」と呼ばれるこの仕事は、自衛隊の中で薬剤師として働く仕事です。しかし、薬剤師と言っても自衛隊員として勤務することになるため、自衛隊に入隊するときには全員が必ず受ける、基礎訓練や実務訓練などを受けなければいけません。訓練中には鬼の軍曹にしごかれるわけですが、薬剤師の資格を持っているので訓練が免除される、などということはありませんので、頑張りましょう。肉体的にも精神的にも自衛官として向いていない人の場合には、防衛省への転職は考え直したほうが良いかもしれません。

こうした過酷な訓練を終えると、他の自衛官と同じように、日本全国いろいろな場所へ配属されます。自衛隊は転勤族ですので、薬剤官も数年ごとに異動することになります。いろいろな場所に住んでみたいという人にとっては、薬剤官への転職は、仕事で転勤ができる理想的な転職先と言えるのではないでしょうか。

「自衛官って若くなければなれないのでは?」 と思う人もいるかもしれません。確かに、自衛官でも最初にブートキャンプ的な基礎訓練を受けなければいけないため、体力に自信がない年齢になると、転職先として考慮するのも大変かもしれません。しかし、その訓練を終了して、薬剤官として勤務できるようになれば、国家公務員として勤務することができますし、薬剤師の資格を持っていることによって階級も高い部分からスタートできるので、自衛官として早くキャリアを積むことができます。

自衛隊の中における薬剤官の職務は、基本的には自衛官たちの医薬品を管理したり、衛生管理などを行うことです。自衛隊の内部はすべてが階級で仕切られている完全な縦社会となっているため、アットホームな職場で仕事がしたい人には向いていないかもしれません。また、数年ごとに異動がありますから、地元密着型の仕事がしたい人にも向いていないかもしれません。

防衛省、つまり薬剤官という自衛隊への就職を希望するのは、薬剤師の資格を取得して大学や大学院を卒業する学生たちが多いようですね。自衛隊に薬剤師として入隊する際には、薬剤師としてのキャリアなどは関係なく、薬剤官になるための幹部候補生として入隊することになります。

防衛省の薬剤師求人情報は、転職サイトでGET!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>「薬剤師の採用情報まとめ」TOPページでランキング詳細を見る!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 薬剤師の採用情報まとめ【※効率的に求人情報をゲットするには】 All Rights Reserved.