薬剤師の採用情報まとめ

TOP >> 職場別の採用情報 >> 病院の薬剤師採用情報

病院の薬剤師採用情報

薬剤師のニーズがある職場は、病院以外にもたくさんあります。しかし、病院勤務の薬剤師は、医療スタッフに囲まれて仕事をするなかで、薬剤に関する最新情報や動向を把握しやすい職場環境で働くことができる恵まれた職場と言えるでしょう。

病院勤務の薬剤師は、基本的には入院患者さんや外来の患者さんに対して処方箋をもとに調剤を行います。その際には、患者さんに薬の服用方法を説明したり、薬の効果や副作用、注意点などを細かく説明するのが薬剤師の仕事となります。調剤薬局が併設されている病院の多くは総合病院なので、そこに足を運ぶ患者さんも、複数の診療科にかかっていて、それぞれから処方された薬を服用しているというケースも少なくありません。薬の中には併用すると副作用が強く出てしまったり問題のある組み合わせなどもあるので、薬剤師はそうした薬歴も管理しながら、患者さんの健康や安全を考えながら調剤を行うことになります。

病院勤務の薬剤師には、ほかの職場ではあまりおこなわない職務もあります。それが、注射薬の調剤です。病院で行う注射は、医師から処方箋が出されて薬剤師によって調剤されています。注射薬の調剤は基本的には無菌室で行うため、薬剤師は薬局内の無菌室で業務をこなすこともあります。注射薬の中には、混ぜてしまうと効果が半減してしまうケースもあるので、そうした点なども考慮しながら調剤を行うのも、薬剤師の大切な役割となります。

それだけではありません。薬剤師が医師との連係プレーによって、その患者さんに最も効果的で安全な薬物治療を行うにはどのような方法を採用すればよいのかを検討し、患者さんのケアプランを作成するのも薬剤師の役割りになります。中には、抗生物質や臓器移植の際に必要となる免疫抑制剤など、該当する病院でしか取り扱われていない難易度が高い医薬品もあります。薬物治療中には、患者さんの容態や血液濃度などをチェックしながら経過観察するのも、薬剤師の仕事です。

薬剤師としてのキャリアを積みたい人に人気がある病院でのお仕事ですが、病院によって待遇や勤務条件などが異なりますから、できるだけ多くの求人情報を比較しながら自分にピッタリの職場を見つけたいですね。転職エージェントを活用すれば、膨大なデータベースの中から自分に適した職場を見つけるサポートをしてくれるだけでなく、経験や実績によっては病院側に待遇面や給料面で代理交渉してくれる場合もあるので、自分の能力を最大限に生かして転職することも可能です

人気の薬剤師求人サイトで、病院への転職を実現しよう!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>「薬剤師の採用情報まとめ」TOPページでランキング詳細を見る!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 薬剤師の採用情報まとめ【※効率的に求人情報をゲットするには】 All Rights Reserved.