薬剤師の採用情報まとめ

TOP >> 職場別の採用情報 >> 科学捜査研究所の薬剤師採用情報

科学捜査研究所の薬剤師採用情報

薬剤師の転職先として人気があるのが、科学捜査研究所。略して「科捜研」と呼ばれることも多い職場です。科学捜査研究所では、主に警察の科学捜査における技術開発や研究業務、鑑識業務などが行われています。薬剤師だけではなく、化学、物理学、生理化学、心理学などにおけるエキスパートたちが、それぞれの専門分野において研究業務や鑑識業務を行っているのが特徴です。

科学捜査研究所における薬剤師の役割は、化学の分野において、薬物や毒薬、覚せい剤、麻薬などの薬品の研究や鑑識を行うことです。薬剤師として培ってきた知識や経験を仕事に生かすことができる仕事と言えるでしょう。

科学捜査研究所は警察との連係プレーで仕事をこなしますが、警察官になるというわけではありません。仕事は、あくまでも研究員。ただし、仕事の内容やかかわり方が警察と非常に強く結びついているため、警察の管轄ということになります。

科学捜査研究所で仕事をする専門家たちは、「専門知識を持った警察官」というわけではありません。自衛隊の場合には、薬剤師の資格を持っていても「薬剤の知識がある自衛官」というスタンスで他の自衛官と同じような仕事をこなさなければいけませんが、科学捜査研究所の場合には、その都道府県ごとに採用方法が異なります。

例えば、地方公務員として地方公務員上級試験に合格した薬剤師が科学捜査研究所に配属されることもありますし、転職エージェントを介して求人募集を行っているケースもあるようです。都道府県ごとに採用基準が異なるため、公務員になりための試験が必ず必要になるというわけではないようです。場合によっては、薬剤師としての知識や経験、実績や実力などを面接によってチェックされ試験を受けることなく採否が決まるというケースもあるようです。

科学捜査研究所のお仕事は、独自の審査基準で採否が決まるというユニークな採用方法に加え、とても人気のある仕事なので、求人募集が出てもあっという間に埋まってしまうことも多いようです。求人情報が出たら、見逃さずに確実に応募できるよう、普段から履歴書や職歴書などは準備しておいた方が良いでしょう。

科学捜査研究所へ転職したい人は、まずは転職エージェントに登録して、求人情報を検索してみてはいかがでしょうか?転職エージェントなら、転職に関するプロが的確なアドバイスをしてくれます。住んでいる都道府県の、科学捜査研究所に転職するための方法やコツなどをアドバイスしてくれるかもしれません。

希少な「科捜研」での薬剤師求人なら、まずは大手転職サイトに登録!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>「薬剤師の採用情報まとめ」TOPページでランキング詳細を見る!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 薬剤師の採用情報まとめ【※効率的に求人情報をゲットするには】 All Rights Reserved.