薬剤師の採用情報まとめ

TOP >> 職場別の採用情報 >> 公務員の薬剤師採用情報

公務員の薬剤師採用情報

薬剤師は公務員として働くこともできます。公務員と言っても国家公務員と地方公務員とがありますが、薬剤師の場合には地方公務員の中でも上級公務員という分類となります。公務員は薬剤師に限らず、全員が公務員試験に合格しなければいけません。薬剤師の場合にも、公務員として仕事をする場合には、この公務員試験に合格することが大前提となります。ちなみに、薬剤師が受験する試験は、地方公務員上級試験で、薬学の試験も受けることになります。

公務員としての薬剤師の仕事にも、いろいろな機関でいろいろな業務があります。

■公立病院での調剤

県立病院、市立病院などの公立病院の調剤薬局に勤務している薬剤師は公務員です。公務員の薬剤師と言っても基本的な仕事は、病院勤務の薬剤師とほとんど変わりません。既に公務員として公立病院で薬剤師をしている人なら、転職活動をしなくても別の職場へ異動することも可能です。希望する場合は、人事部に問い合わせてみるとよいでしょう。

■保健所

薬剤師は、各自治体におかれている保健所にもニーズがあります。保健所の薬剤師は、環境衛生監視官や食品衛生監視官として職務をこなすことも多く、空港や港などにおいて輸入食品の監視や安全性の指導を行う業務を行うこともあります。また、食中毒が起きやすい季節では、飲食店への安全指導を行うこともあります。輸入や検疫の業務を行う薬剤師の場合には、輸入されてきた食品に対して微生物試験や理化学試験を行う業務もあるようです。

■業務課

県庁などにおかれている業務課にも薬剤師のニーズがあります。地域住民の相談や質問に答えたり、窓口での相談に受け答えするのが主な職務となります。病院勤務などと比べれば、月曜日から金曜日の日勤のみの業務ですから、仕事と家庭の両立もしやすい勤務先と言えるでしょう。

■麻薬取締官

麻薬取締官というと警察の仕事のような気もしますよね。実際に薬物の取り締まりを行うのは警察の仕事なのですが、薬剤師は警察をサポートする職務を行います。麻薬は不正に乱用されることも多いのですが、医療のために有効利用することもできる医薬品です。正規ルートを監視するのも、薬剤師に与えられる職務となります。

薬剤師の公務員求人は、ハローワークなどでは見つけることができません。転職エージェントを利用すれば、どこに求人のニーズがあるかどうかの情報収集をすることができるので、公務員も転職対象として考えている場合には、転職エージェントのサポートを活用するとよいでしょう。

薬剤師専門の転職サイトを活用して、公務員になろう!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>「薬剤師の採用情報まとめ」TOPページでランキング詳細を見る!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 薬剤師の採用情報まとめ【※効率的に求人情報をゲットするには】 All Rights Reserved.