薬剤師の採用情報まとめ

TOP >> 職場別の採用情報 >> 国立病院機構の薬剤師採用情報

国立病院機構の薬剤師採用情報

薬剤師の転職先の中でも研究活動に力を入れたい人におすすめなのが、国立病院機構への転職です。これまで薬剤師として調剤業務で経験や知識を積んできた人にとっては、キャリアアップできる転職先としても人気があります。

国立病院機構は全国の国立病院が共同研究や共同開発などの研究を行う機構で、それぞれの地方ごとにブロック分けされています。それぞれがブロック内で活動することが多いのですが、ブロックを超えた研究や研修が行われることも少なくありません。国立病院機構は、国内の医療においては国内最大のネットワークとなっているので、時代の最先端医療を薬剤師としての立場からサポートすることができます。大きなやりがいを感じることもできますし、薬剤師としてのキャリアを積みたい人にもおすすめの転職先です。

国立病院機構における薬剤師の職務は、
■厚生科学における研究
■治験コーディネーターなど、治験センターにおける業務
■感染症やがん治療における研究
などが多いようです。多くの薬剤師が勤務していますし、ベテラン薬剤師から新人の薬剤師まで、幅広いレベルの薬剤師が勤務しているのも、国立病院機構の大きな特色と言えるでしょう。国立病院機構は、国内の国立病院がネットワークになっているので、自分自身のレベルに合わせた職場へ配属し、必要な経験と知識を学ぶことができるのも、国立病院機構の特徴です。

例えば、経験の少ない薬剤師なら、国立病院の調剤薬局へ勤務することが多いようです。実際の調剤現場において患者さんとコミュニケーションを取りながら、薬剤の基本や知識を学び、経験と実力をつけることができます。また、薬剤師としての経験が十分にあり、ステップアップとして治験コーディネーターを目指したい人には、国立病院機構なら治験コーディネーターの仕事も提供されています。

薬剤師の仕事は多くの場合、キャリアアップやステップアップをするためには転職しなければいけないでしょう。調剤薬局で勤務する薬剤師なら、調剤以外の職務が与えられることはありませんし、ドラッグストア勤務の薬剤師なら、ドラッグストアに陳列されている医薬品を患者さんに説明するのがメイン業務ですので、それ以上の職務が与えられるわけではありません。しかし、国立病院機構なら、自分のレベルに応じた仕事を与えられるので、薬剤師としてのキャリアを長期的に見た場合には、ワンストップでいろいろな経験を積むことができる転職先と言えるのではないでしょうか。

国立病院機構でキャリアアップ!おすすめ薬剤師求人サイト

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>「薬剤師の採用情報まとめ」TOPページでランキング詳細を見る!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 薬剤師の採用情報まとめ【※効率的に求人情報をゲットするには】 All Rights Reserved.