薬剤師の採用情報まとめ

TOP >> 職場別の採用情報 >> 県庁の薬剤師採用情報

県庁の薬剤師採用情報

県庁にも、薬剤師のニーズがあります。県庁に勤める薬剤師は、地方公務員の上級職員という取扱いになるため、県庁で薬剤師の仕事をするためにはまず、地方公務員上級試験を受験して合格することが必要となります。各都道府県によって、いつ公務員試験が行われるかは異なりますが、多くの都道府県では、新卒者を対象とした試験の他に、転職者を対象とした試験も行われています。県庁への転職を希望する場合には、公務員の試験に合わせて試験勉強をするようにしましょう。

県庁における薬剤師の仕事は、多くの分野に分かれています。

■薬事衛生
薬局や薬品製造施設の承認・認可を行うと同時に、監視指導を行うのがメイン業務となります。そのほかにも、輸血のための血液を確保したり、献血を促進するなどの業務も行います。勤務先は県庁以外にも、保健所に勤務することもあります。

■食品衛生
食中毒が怖い季節には、管轄地域のレストランなどの飲食店に衛生指導を行ったり、市民に対して啓発するのがメインの職務となります。食品の衛生管理に関する職務を全般的に行う部署の中で、薬剤師という立場での職務をこなします。

■試験検査
食品の中に含まれている添加物を検査したり、中毒を引き起こす菌が混ざっていないかを検査する仕事です。

■健康危機管理
インフルエンザなど市民の健康危機管理を行う業務を行います。

■水道衛生
水質を検査したり、プールの衛生管理などを主に行います。

■医療政策
健康福祉科医務課に勤務して、都道府県民に必要な医療サービスを行うのがメインの職務となります。

■廃棄物衛生
廃棄物に関する承認や認可、指導を行うと同時に、廃棄物の減量やリサイクルを促進するための業務を行います。

■治験の推進
最新医療を都道府県内で促進させるために、ネットワークを通じて治験を推進する業務です。

■試験研究
食品の残留農薬や、医薬品の品質検査などを主に行う業務。主に環境衛生課に勤務して、研究職としてお仕事をすることになります。

公務員として県庁に勤務する薬剤師といっても、どこに配属されるかによって仕事の内容は大きく異なります。市民に対して調剤を行う職務というよりも、行政の立場から市民の健康と衛生を守る仕事が多いようですね。調剤を通して市民とコミュニケーションを取るという仕事ではありませんが、県庁がかかわる国民の生活に携わる業務だということで、間接的にコミュニケーションを取り、やりがいを感じることができる仕事と言えるのではないでしょうか。

県庁勤務のアドバイスや情報収集も、薬剤師求人サイトで!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>「薬剤師の採用情報まとめ」TOPページでランキング詳細を見る!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 薬剤師の採用情報まとめ【※効率的に求人情報をゲットするには】 All Rights Reserved.