薬剤師の採用情報まとめ

TOP >> 職場別の採用情報 >> 老健の薬剤師採用情報

老健の薬剤師採用情報

老人保健施設(老健)は、入所者300名に1人の割合で薬剤師を置かなければいけない決まりがあります。そう考えると薬剤師にとって老人保健施設(老健)も立派な転職先の1つになるはずですが、実際に薬剤師が老人保健施設(老健)で働きたいと思ったとき、どこで求人を探し、どのような点に注意すれば採用されやすいのでしょうか?このページでは老人保健施設(老健)のホームページ情報や転職エージェントの求人情報などを参考に、その辺りについて考えてみたいと思います。

■老人保健施設(老健)の求人は転職エージェントで探すといい
老人保健施設(老健)の薬剤師求人は、どこで探すべきなのでしょうか?もちろん老人保健施設(老健)のホームページにアクセスして、薬剤師を募集しているかどうかをチェックしたり、気になる施設に直接電話を入れたりして、人材募集が行われているかどうかをチェックする方法もあるかと思います。

ただ、老人保健施設(老健)の名前を全て把握している薬剤師はそれほど多くはないと思いますし、薬剤師にとってメジャーな職場ではないので、業務のイメージもつかないと思います。その意味では転職エージェントのようなサービスを利用して、求人の紹介のみならず、業務内容の詳細も教えてもらった方が転職活動は楽になるかと思います。

■調剤薬局から老人保健施設(老健)へ派遣されるルートもあり
他には、調剤薬局勤務の薬剤師として老人保健施設(老健)に薬を届け、その薬がきちんと服用されているか、数時間滞在してチェックするといった関わり方もあります。小規模な老人保健施設(老健)は自分たちで薬剤師を雇用する経済的体力がないので、近隣の調剤薬局と業務委託契約を結んで服薬指導をしてもらっているのです。

老人保健施設(老健)に完全に移るとなると不安が大きいという場合は、老人保健施設(老健)と業務委託契約を結んでいる調剤薬局に一度転職する方法もあります。転職エージェントを利用すれば、老健と関係のある調剤薬局を簡単に見付けてくれるので便利です。

以上、老人保健施設(老健)での薬剤師業務や求人の有無、求人の探し方について基礎的な情報をまとめました。老人保健施設(老健)で働くにせよ、老人保健施設(老健)と業務委託契約を結ぶ調剤薬局を挟むにせよ、転職エージェントに登録して求人を探すと便利だといえますね。老健は未知の世界かもしれませんが独特のやりがいがあります。興味がある方は、ぜひともチャレンジしてみてください。

薬剤師に特化した求人サイトで、老健の採用情報をチェック!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>「薬剤師の採用情報まとめ」TOPページでランキング詳細を見る!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 薬剤師の採用情報まとめ【※効率的に求人情報をゲットするには】 All Rights Reserved.