薬剤師の採用情報まとめ

TOP >> 職場別の採用情報 >> 医薬品卸の薬剤師採用情報

医薬品卸の薬剤師採用情報

製薬会社と医療機関や調剤薬局などをつなぐ卸売業者がありますが、その手の企業も薬剤師を求めています。薬事関連の仕事やDI業務、MS(営業担当者)への指導などいろいろな業務を任される人材ですが、募集人数がそれほど多くないので高い競争倍率になります。採用されるにはどのような準備や考え方が必要なのでしょうか。ここでは、医療品卸業者の公式ホームページや、日本医薬品卸売業連合会、その他大手転職エージェントなどの情報を参考に、医療品卸への転職に関するポイントをまとめたいと思います。

■医療品卸の薬剤師求人は、転職エージェントで探すといい
まず、医療品卸の薬剤師求人は、転職エージェントで探すといいと思います。その理由は幾つかありますが、
1.全ての医療品卸業者を薬剤師が知っているとは限らない
2.自力で探そうとしても意外に求人が少ない
からです。少し詳しく見てみましょう。

■1:全ての医療品卸業者を薬剤師が知っているとは限らない
日本医薬品卸売業連合会によると、近年は医療品卸が経営統合を繰り返して規模を大きくしているといいます。同連合会に所属していた企業も1978年には615社あったそうですが、最近では83社まで減ってきたといいます。その間にさまざまな経営統合があったので、現状でどういった医療品卸の業者が存在しているのか、詳しく知っている薬剤師は少ないはずです。

自分で医療品卸の業者名を知らなければ、公式ホームページから採用情報を手に入れようにも難しいです。転職エージェントに代行して求人を集めてもらう必要が出てきます。

■2:自力で探そうとしても意外に求人が少ない
日本医薬品卸売業連合会に加盟している医療品卸は83社しかありません。非加盟の企業ももちろんありますが、各卸売業者は薬剤師を毎年たくさん雇うわけではありません。管理薬剤師を少数雇って業務を兼務させるので、求人もそれほど豊富に出ないのです。その少ない求人を自力で探そうとしてもかなり大変なので、最初から転職エージェントにお願いした方が手っ取り早いです。

以上、医療品卸の薬剤師求人についてポイントをまとめました。医療品卸業者は統合を繰り返しているので、その全容を把握する作業は大変ですし、薬剤師への求人自体も数が少ないので応募しようにも情報収集だけでかなりの作業量になると思われます。医療品卸の仕事に興味がある場合は、最初から転職エージェントなどを利用して募集情報を把握した方がいいです。

薬剤師に特化した求人サイトで、医薬品卸の採用情報をチェック!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>「薬剤師の採用情報まとめ」TOPページでランキング詳細を見る!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 薬剤師の採用情報まとめ【※効率的に求人情報をゲットするには】 All Rights Reserved.