薬剤師の採用情報まとめ

TOP >> 業務内容別の採用情報 >> DI業務

DI業務の薬剤師採用情報

薬剤師の業務として近年注目を浴びているのが、DI業務となります。このDI業務はどのような業務であるのかと言うと、医薬品の情報管理を専門的に行なう業務となります。薬剤師の仕事は、薬剤師の中でも専門分野で分かれていく傾向にあり、このDI業務は薬剤師の中でも、特に情報を扱うことを専門にしていると言えるでしょう。それゆえに、情報収集能力、分析能力、そして説明能力などが高いレベルで求められることになると言えます。

このDI業務の採用状況としては、決して多いとは言えない状況であると言えるでしょう。求人自体の数が多くあるとしても、高い専門性から、採用人数は比較的少なく、希望の求人先で採用される可能性というのは、他の薬剤師業務に比べて厳しいものがあると言えます。また、経験がしっかりとある人が優先的に採用される傾向があるので、未経験の人にとっては少し厳しい状況になることが多いと言えるでしょう。

採用条件としても、薬剤師の専門性だけではなく、コンピューターなどの専門性、またコミュニケーション能力の高さ、外国語ができるかどうか、実績はどうかなどが、問われることが多くあります。総合的に高い能力を持っていることが、必要と言えるでしょう。

このような状況の中で、少しでも採用状況を良くしていきたい、採用される可能性を高めていきたい場合、薬剤師転職サイト、求人サイトを利用していくべきであると言えます。初心者の採用を検討している場所は決して多くはないと言えますが、その状況の中でも、経験よりも人間性を重視する職場を見つけていける可能性はあると言えます。

DI業務を行なっていく上で、接客などの業務が出てくることもあります。その際に、適切な接客ができるかどうかの場面で、社会人としてのマナーが問われることもあると言えるでしょう。医療従事者は一般的に社会的なマナーに疎いという見られ方をすることが多いです。社会人としてしっかりとしたマナーがあることをアピールすることができれば、採用される確率を上げることにつながる場合もあるでしょう。

競争率が激しくなることも考えられるDI業務ですが、薬剤師としての専門性が高くて損をすることはありません。DI業務を将来見据えて、ステップアップのために別の職場を選ぶという選択肢があることも忘れないようにしていきたいものです。ステップアップをすることができれば、DI業務に限らず、薬剤師としての将来性を大きく広げることは可能です。

薬剤師の採用情報を効率的にGETできるサイトはコチラ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>「薬剤師の採用情報まとめ」TOPページでランキング詳細を見る!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 薬剤師の採用情報まとめ【※効率的に求人情報をゲットするには】 All Rights Reserved.