薬剤師の採用情報まとめ

TOP >> 業務内容別の採用情報 >> 病棟業務

病棟業務の薬剤師採用情報

現在の病院は調剤業務を外部に開放して、薬剤師に病棟業務を兼務させるケースが多いです。医療という雰囲気が強いので憧れている薬剤師も多いと思いますが、病院薬剤師は人気の職種なので、今も昔も競争倍率が高く採用は厳しいです。そこでこのページでは、病棟業務担当の薬剤師求人にどのように応募すれば合格の可能性が高まるのか考えてみたいと思います。

■未経験者は第三者の協力を得る
病棟業務担当の薬剤師求人に応募する場合、経験がない薬剤師は不利になるので、転職時には第三者の協力を得た方が絶対にいいです。第三者とは母校の先生でも就職課の担当者でも、ハローワークでも民間サービスが運営する転職エージェントでも構いません。

客観的な立場から求職者である皆さんの弱点や強みを明らかにしてくれる第三者を味方に付け、書類選考突破や面接突破のための戦略を練ってください。その上で履歴書や職務経歴書の内容を一緒に考えたり、面接の訓練を行ったり、自分の売り込み方を考えたりする必要があるのです。そのくらいの努力をしなければ、未経験の場合特に人気の病院薬剤師の転職は厳しいかもしれません。

■転職エージェントは採用担当者側のニーズまで教えてくれる
第三者のサポートの中でも転職エージェントは特にお勧めです。何しろ転職サポートのプロなので、友人や知人、大学の先生や就職課などと一緒に行う対策と比べても効果が高いです。採用側の求める薬剤師像もある程度教えてもらえるので、自分のどこを強調し、どこを引っ込めるのかなどの作戦も立てやすくなるのです。友人や知人、大学の先生や就職課などに転職支援のサポートをお願いする場合でも、転職エージェントには登録だけでもしておいた方がいいかもしれません。

病棟業務で薬剤師になりたい人に向けて、大まかなポイントをまとめました。病棟業務の薬剤師は、経験者が優先して採用されるケースが多いです。仮に経験者であれば、その経験を最大限に売り込む戦略を練ってください。

逆に経験がない場合は、採用側のニーズをベースに、未経験なりにも光る部分をアピールできないか、じっくりと考えてみてください。そのときに転職エージェントのような第三者のアドバイスがあると、ぐっと戦いやすくなります。転職エージェントを何社かチェックしてみるといいかもしれません。

薬剤師の採用情報を効率的にGETできるサイトはコチラ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>「薬剤師の採用情報まとめ」TOPページでランキング詳細を見る!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 薬剤師の採用情報まとめ【※効率的に求人情報をゲットするには】 All Rights Reserved.